【最新ニュース仮想通貨】Amazon(アマゾン)・スターバックスがブロックチェーンへ参入!

今回は仮想通貨の最新ニュースをお伝えします。

仮想通貨最新ニュース

Amazon、スターバックスが仮想通貨、ブロックチェーン開発に参入を表明しました。

Amazonとは

アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。一部の地域でネットスーパー(Amazonフレッシュ)事業を展開している。

あなたもアマゾンを1度は使用したことがあるのではないでしょうか。

今の時代、アマゾンを知らない人の方が珍しいほどかなり有名な会社です。

そのアマゾンが仮想通貨に参入するため、かなりビックなニュースになっております。

「仮想通貨アマゾンコイン」への期待

調査によると、アマゾンが独自の仮想通貨を発行した場合、それを使用したいと答えたのは1000人中半分以上だったそうです。

それほどまでに、アマゾンという会社は信用されている会社です。

そのアマゾンが仮想通貨・ブロックチェーンに参入してきたことは「仮想通貨業界にとってかなりの好材料」と言えるでしょう。

また、下記の調査も行われました↓

・49.6%はアマゾンの銀行口座があったら使うと回答し、44.5%が主要口座にする意向を示した。

スポンサードリンク

・アマゾンに自己資金管理を任せられるかという問いに対しては、61%が銀行と同等かそれ以上にアマゾンを信頼していると回答している。

2つの調査回答から、どれほどの人がアマゾンに信頼をおいているのかが伺えますね。

優秀なメガバンクのメンバーと話をすると、アマゾンについての話題が出るといいます。そして、いつかアマゾンは仮想通貨による決済ビジネスに乗り出してくるだろう、とまで。

メガバンクでもアマゾンの話題が上がるほどになっているんですね。

仮想通貨が普及すれば、かなりの銀行の経営が衰退する可能性があるため、メガバンクにとっては、仮想通貨が普及することを脅威にとらえている人もいるかもしれません。

スターバックスとは

アメリカ・シアトル系のエスプレッソカフェの代表格で、全米第1位、かつ世界最大のカフェチェーンです。

こちらの会社もかなりの大手で、知らない人がいなんじゃないかというぐらい有名なコーヒー会社。

田舎ではスターバックスを見かけないかもしれませんが、都内や駅前には多くのスタバがありますよね。

スターバックス会長「消費者への仮想通貨普及を予想」

米スターバックスのハワード・シュルツ会長は、デジタル通貨が消費者に受け入れられると考えているが、それはビットコインとは限らないと指摘する。

これはスターバックスの会長の意見です。

この意見から、仮想通貨で普及するのはビットコインだとは思われていないみたいですね。

シュルツ氏は、仮想通貨とその基盤技術であるブロックチェーンが今後数年で消費者の間で普及するにつれ、スマートフォンによる支払いを早い段階から採用しているスターバックスがその立場を生かせるだろうと説明。

確かに、スターバックスでは現金よりもスマートフォンによる決済をしている人を多く見かけるようになりましたからね。

スターバックスは、同社のアプリにブロックチェーンを導入する計画を述べたのに加え、アプリ用の独自通貨を作る可能性を示唆している。

この意見からは、独自で仮想通貨を作り、それを普及させることで更なる利益を得ようとされていることが伺えますね。

まとめ

アマゾンもスターバックスも仮想通貨に対しては、かなり前向きであることが分かりましたね。

今の仮想通貨の相場はかなり低迷しているため、このニュースが1つの好材料になればいいなぁと思いました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。