【仮想通貨】AI(人工知能)で2018年の価格・チャートを予想する。アルトコインの今後の展開と狙い目は?

今回はAI(人口知能)の仮想通貨予想についてご紹介します。

Youtube「神王TV」からのご紹介になります。

AIの仮想通貨予想

イーサリアム(ETH)の予想

今年1年間で上昇するらしいです。

しかし、大きく下落する局面もあり、その原因はイーサリアムのスマートコントラクトに深刻なバグが見つかるため(2018年のなかばに見つかる)。

バグが見つかり、スマートコントラクトが機能しなくなり、マスコミが大げさに報道をするらしいです。

この報道により、イーサリアムが大きく下落。

ただ、どの報道も明確な根拠がないのでイーサリアム開発者は負けないらしいです。

徐々に世間の関心が薄れていく。

秋にまた問題が発覚するが、イーサリアムの開発者たちが迅速に対応をして、問題は短期間で解決されるとのこと。

まとめ:イーサリアムは上昇傾向にあるが激しく乱高下する予想

リップル(XRP)の予想

仮想通貨の全般的な上昇の波に乗って上昇するらしいです。

またリップルの関連で、有名になるキャラクターが出現とのこと。

この人物はスーパートレーダーとして、かなり有名になり、相場はかなり激しく動くことになるそうです。

まとめ:仮想通貨の全般的な上昇の波に乗ってリップルの上昇傾向

ダッシュ(Dash)の予想

夏の終わりから9月、そして10月にかけて急騰するらしいです。

スポンサードリンク

その原因は、管理が政府から民間への移行期にある市場のいくつかで、ダッシュが好ましい通貨と認識されるから。

まとめ:夏の終わりから10月にかけて急騰

モネロ(XMR)の予想

性的なスキャンダルの疑惑が銀行にまで及ぶにしたがって急騰するらしいです。

(5月から夏にかけて起こる)

銀行のセックススキャンダルの発生で安全な逃避通貨として選ばれる。

まとめ:性的なスキャンダルの疑惑が銀行にまで及ぶにしたがって急騰

ネオ(NEO)の予想

今年の春からSNSで一種のキャンペーンのようなものが始まると大きく上昇するらしいです。

これは不換紙幣の価値にレバレッジがかかっていることが問題視されているため。

※不換紙幣とは、政府の信用で流通するお金のこと

ネオにとって、2018年・2019年はとても良い年になると予想。

まとめ:キャンペーンのようなものが始まると大きく上昇

ディジバイト(DigiByte)

2018年から2019年にかけて、ディジバイトが使用するブロックチェーンのマイニングが注目されるらしいです。

今年の夏には、うわさで取引する未成年者のマニアも出現。

まとめ:2018年から2019年(今年)はかなり注目を浴びる

イオス(EOS)

仮想通貨の中でも感情値は、最も高い上昇を示しているらしいです。

6月から7月にかけて急速に上昇!

11月になると感情値が10倍にになる。

またバグの排除がうまくいきテストに成功するようです。

Weiss Ratings社による仮想通貨の格付けでも、EOSはイーサリアムと同じ高評価を受けています

まとめ:6月から7月にかけて急速に上昇

コモド(Komodo)

今年は良い年になるそうです。

コモドのプラットフォームが様々なディバイスで適用されるようになります。

今年の2月や3月は激しく上昇するお祭り騒ぎになるそうです。

まとめ:今年は良い年になる

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。