仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

このページでは仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後(2018年~)について紹介していきます。

ライトコイン(LTC)は将来性がある通貨なのでしょうか?

仮想通貨ライトコイン(LTC)の解説と今後の将来性

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Litecoin[LTC](ライトコイン)

最大供給量=8400万

時価総額は9000億円となり第6位の仮想通貨

公開=2011年10月7日

特徴・魅力

・元GoogleエンジニアであるCharlie Leeによってリリース

・基本的な仕組みはビットコインとかなり似ている

・BTCと比べ、トランザクションが早く、かなり実用的

・承認時間:約2分半

・初めてライトニングネットワークに成功した通貨

⇒超少額支払いが可能になり手数料も安くなります。

・Segwitの導入

⇒スケーラビリティ問題を解決(取引サイズの圧縮)

スポンサードリンク

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):4.34ドル

価格(2017年12月):229.29ドル

上昇倍率:52.83倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のネムの価格とチャートを見ることができます。

⇒ライトコイン(LTC) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

Litecoinは、Bitcoinと特徴がよく似ていますが、その名の通り、少額からの送金の利便性を追求し、より日常生活に即した仮想通貨になることを目指しています。

Bitcoinは今や100~200万円前後をうろうろしています。

このまま上昇を続ければBitcoinの最小単位である1satoshiは1円以上の価格になってしまい、日常生活の支払いには利用できなくなってしまいます。

そのBitcoinに取って代わるものになろうとしているのがライトコインです。

今後日常生活で普通にLitecoinを使用する時代が来るかもしれませんね。

今後のLitecoinの動きも要チェックです。

Litecoin(ライトコイン)が買える取引所(購入方法)

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。