仮想通貨ジーキャッシュ(ZEC)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

このページでは仮想通貨ジーキャッシュ(ZEC)の今後(2018年~)について紹介していきます。

ジーキャッシュ(ZEC)は将来性がある通貨なのでしょうか?

仮想通貨ジーキャッシュ(ZEC)の解説と今後の将来性

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Zcash[ZEC](ジーコイン)

最大供給量=2100万

公開=2016年10月28日

特徴:

・2017年3月にJPモルガンとの連携を発表

・通貨機能に重点を置いた仮想通貨

・ビットコインと多くの共通点(発行枚数や半減期など)

特徴・魅力

・2017年3月にJPモルガンとの連携を発表

・通貨機能に重点を置いた仮想通貨

スポンサードリンク

「ゼロ知識証明」を使った新しい暗号化技術によりユーザーのあらゆる情報を秘匿⇒現状唯一の「完全匿名性」を持つ仮想通貨。

他の匿名性を売りとするモネロやダッシュよりも匿名性が高いです。

・ビットコインと多くの共通点(発行枚数や半減期など)

発行枚数と半減期が全くビットコインと一緒です。

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):0.0508ドル

価格(2017年12月):436.32ドル

上昇倍率:8588倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のジーキャッシュ(ZEC)の価格とチャートを見ることができます。

⇒ジーキャッシュ(ZEC)リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

ジーキャッシュは顧客の個人情報やプライバシーポリシーのために利用されていけば、これからどんどん普及していくでしょう。

銀行や金融市場、個人情報を扱う会社、そういったところがジーキャッシュをどうしていくのかがこれからの将来性にかかわってきます。

ジーキャッシュ(ZEC)が買える取引所(購入方法)

⇒「バイナンス」

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。