仮想通貨ファクトム(FCT)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

仮想通貨ファクトム(FCT)の解説と今後の将来性

このページでは仮想通貨ファクトム(FCT)の今後(2018年~)について紹介していきます。

ファクトム(FCT)は将来性がある通貨なのでしょうか?

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Factom[FCT](ファクトム)

最大供給量=上限なし

公開=2015年4月8日

特徴・魅力

・文書、記録の保存をビットコインのブロックチェーン上で行うことを目的とするプラットフォーム

・HarmoneyとDloc by smartracを開発

・定期的な資金集め⇒ベンチャーキャピタルが出資

多くの企業や政府機関が抱える機密情報の維持問題とそれにかかるコストを大幅に削減できる⇒安全性・透明性を確保できることから将来性がある

・セキュリティが強力

・データの記録と管理

スポンサードリンク

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):3.07

価格(2017年12月):43.6

上昇倍率:14.2倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のネムの価格とチャートを見ることができます。

⇒ファクトム(FCT) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

日本でも多額の税金を使いマイナンバー制度などが取り入れられましたが、ファクトムに任せておけば、低コストで安全で尚且つ不正ができない個人の管理も容易に可能となります。

現在ファクトムは米国住宅ローン市場管理の導入をきっかけに、世界中で様々な分野のデータ管理の導入も見込まれています。

ファクトム(FCT)が買える取引所(購入方法)

⇒コインチェック

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。