仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の解説と今後の将来性

このページでは仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の今後(2018年~)について紹介していきます。

イーサリアムクラシック(ETC)は将来性がある通貨なのでしょうか?

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=イーサリアムクラシック(ETC)

最大供給量=未定

公開=2016年7月20日

特徴・魅力

・マイニング方式:PoW(プルーフ・オブ・ワーク)

・非中央集権型

・スマートコントラスト

スマートコントラスト=賢い(=smart)契約(=contract)

執行権のある契約

例:ある条件を満たすと、それに対してご褒美を与えるみたいな感じ

1年間の上昇率(2017年度)

スポンサードリンク

価格(2017年1月):1.38

価格(2017年12月):27.13

上昇倍率:19.6倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のイーサリアムクラシック(ETC)の価格とチャートを見ることができます。

⇒イーサリアムクラシック(ETC) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

供給量が価格にどの程度、影響を及ぼしているのかは定かでないです。

ETCの半減期が来る事は織り込み済みの為、それほど価値に影響がないと考えることも。

マイナーの報酬が減少することで、力を持ったマイナーによる中央集権化を引き起こす可能性もあります。

イーサリアムクラシック(ETC)が買える取引所(購入方法)

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。