【仮想通貨の確定申告】税務調査対策!税理士選び(動画付き)

今回は仮想通貨の確定申告についてご紹介します。

「仮想通貨情報ミリオネさん」のYoutube動画でご紹介していきます。

確定申告◆法人個人でも出来る税務調査対策!書類添付制度が利用できる税理士選び!?

仮想通貨の税金について

確定申告の時期ということで、今後の知識としても知っておいて損のない内容ですので是非頭にいれておいてください。

そもそも税務調査とは納税者の申告内容を帳簿などで確認し、誤りがないかどうかを確認する調査を指します。

未納税金や経費性に対する審議が行われ、追徴課税される場合もあり、大きな申告漏れや不正な会計があった場合、脱税などの罪に問われる可能性もあります。

今回紹介する方法は、税務調査が来る確率が圧倒的に低くなる方法です。

法人・個人関わらず調査には来ますので、他人事だと思わず、しっかりと対策を行っていきましょう!

税金対策の具体的な方法

実際に何をすればよいのか?

税理士であれば知っている方法ですが、一般的にはほとんど知られていない方法です。

それは「書類添付制度」を使うことです。

書類添付制度とは、確定申告・決算の際に税理士が申告書に問題がないことを確定し、申告書に対して保証書を発行するようなものです。

この制度を使えば、税務調査が行われる前段階で、税理士だけが税務署に呼び出されます。

スポンサードリンク

もし問題があっても軽いペナルティで済むようになります。

申告する側からすれば、メリットしか無い制度ですが、現状90%以上が書類添付制度を使っていません。

その理由はなぜなのか?

書類添付制度がほとんど使われない理由は

申告する側からすればメリットしかない分、税理士側からすれば書類添付制度を使いたくない理由があるので理由を2つ見ていきましょう。

理由①:税理士側のリスクが大きい

もし申告内容に問題があった場合、税理士としての責任を追及される可能性があり、その精査に手間もかかるため税理士側はリクスをとりたくないのです。

理由②:書類添付制度を利用してもリスクに見合った費用が取れない

税理士側からしたら手間とリスクのわりに儲からないので、やらない方が良い。

税務調査の時にもらった方が良いです。

書類添付制度を使用するための対策

申告をする側からすればメリットしかない書類添付制度ですが、使われてない現状でどうすれば良いか。

・顧問契約している税理士がいれば書類添付制度を利用できるか確認

・これから税理士を探す場合も書類添付制度を利用できるか事前に確認

・書類添付制度を利用できないと言われた場合は理由を確認

・最悪の場合、利用できる税理士への切り替えも視野に入れて検討

まとめ

副業で仮想通貨投資を始めた方は確定申告をするだけで精一杯かもしれません。

しかし、申告漏れなど、後々不正と判断されてしまえばペナルティを課せられてしまいます。

後々面倒なことにならないよう、まずは知識として書類添付制度の存在を頭に入れておきましょう。

世の中、知らないだけで損をしている事が本当にたくさんあります。

逆に言えば、知っているだけで得することも沢山あります。

重要な知識や情報が埋もれてしまわぬよう情報が溢れるネット社会の中で、しっかり情報を精査していきましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。