仮想通貨イーサリアム(ETH)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)の解説と今後の将来性

このページでは仮想通貨Ethereum(イーサリアム)の今後(2018年~)について紹介していきます。

Ethereum(イーサリアム)は将来性がある通貨なのでしょうか?

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Ethereum[ETH](イーサリアム)

時価総額ランキング2位

リリーズ:2015年7月

特徴:

・ビットコインに次いで時価総額が大きい通貨

・スマートコントラクト・財産を扱うことができる柔軟性の高さ

・分散型アプリケーションのプラットフォーム

・承認方式PoS(プルーフ・オブ・ステーク)

特徴・魅力

・ビットコインに次いで時価総額が大きい通貨

ビットコインに次いで時価総額が大きい通貨です。

時価総額が現在2位ということです。

・スマートコントラクト・財産を扱うことができる柔軟性の高さ

賢い(スマート)契約(コントラクト)という意味です。

契約の自動化が可能になります。

第三者の介入が必要ないということです。

例:自動販売機

①利用者が必要な分だけお金を自動販売機に入れる

②欲しいドリンクのボタンを押す

2つの契約条件が満たされた場合、ドリンクを手にいれることができる=これがスマートコントラクトの仕組み

・分散型アプリケーションのプラットフォーム

基本的にオペレーションが自動で管理者がオペレーションを行わなくてもコードのみで自動に動き、オペレーションを介さずユーザー同士が直接取引を行えるため、非中央型や分散型と呼ばれています。

・承認方式PoS(プルーフ・オブ・ステーク)

スポンサードリンク

仮想通貨の保有量に比較して承認確率が上がる仕組み

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):798

価格(2017年12月):71675

上昇倍率:89.8倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のネムの価格とチャートを見ることができます。

⇒イーサリアム(ETH/JPY) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

大手企業でイーサリアムが活用される予定です。

UFJ銀行やトヨタ自動車などがイーサリアムと提携しており、データ履歴や契約の基盤をイーサリアムのブロックチェーンを使用しようと考えられています。

それと、最近ではイーサリアムを使用したICOが増えています。

イーサリアムの仕組みを使用してICOを作成することで、ストレスなくスムーズな契約を可能にすることができるようになるからです。

Ethereum(イーサリアム)が買える取引所(購入方法)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。