仮想通貨セルフキー(Selfkey)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

仮想通貨セルフキー(Selfkey)の解説と今後の将来性

このページでは仮想通貨セルフキー(Selfkey)の今後(2018年~)について紹介していきます。

セルフキー(Selfkey)のは将来性がある通貨なのでしょうか?

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Selfkey[KEY](セルフキー)

最大供給量=60億

公開=2018年1月

特徴:

・ICO開始11分で完売

・あらゆる認証を迅速に行うことができる

・許可を与えた者にだけデータ共有

・ワンクリックでETH送金が可能

特徴・魅力

・ICO開始11分で完売

あまりの期待値の高さにより1月14日に行われたICOでは、開始11分で完売しました。

1月15日にKuCoinにて異例の早期上場。

・あらゆる認証を迅速に行うことができる

例えば取引所の口座開設の際に、申請者がセルフキーを使用しセルフキーは取引所に対し、本人の登録情報を基に代わりに申請を行ってくれます。

・許可を与えた者にだけデータ共有

例えばセルフキーウォレットの中に運転免許所やパスポートなどの情報を入れておき許可を受けた者だけがデータの閲覧を行えます。

その際KEYが必要となります。

・ワンクリックでETH送金が可能

セルフキーアイデンティティー電子財布で同時にいくつもの取引所にてワンクリックでEHTの送金が可能になります。

スポンサードリンク

1年間の上昇率(2017年度)

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のセルフキーの価格とチャートを見ることができます。

⇒セルフキー/円1(KEY/JPY) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

既にパートナー企業開発チームのスタッフが多いことから将来性の高さがうかがえます。

セルフキーは既にアルファ版のデモサイトが用意されており、様々な分野がカテゴライズされているので今後、多くの分野で使用される可能性が高いです。

ポテンシャルの高さから今後、世界中の取引所の上場していく可能性があります。

Selfkey(セルフキー)が買える取引所(購入方法)

⇒「KuCoin」

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。