仮想通貨バイナンスコイン(BNB)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)の解説と今後の将来性

このページでは仮想通貨バイナンスコイン(BNB)の今後(2018年~)について紹介していきます。

バイナンスコイン(BNB)は将来性がある通貨なのでしょうか?

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Binance Coin[BNB](バイナンスコイン)

最大供給量=2億

公開=2017年7月

特徴:

・仮想通貨取引所Binanceが発行する仮想通貨

・Binance内で使用すると手数料が半額

・ERC20を規格に開発されたコイン

・4半期ごとに回収されていく

特徴・魅力

・仮想通貨取引所Binanceが発行する仮想通貨

世界最大の取引量を誇る取引所Binanceが発行する仮想通貨。

国内大手の取引所QUOINEXを運営するQUOINE社との連携でも大きく話題となりました。

・Binance内で使用すると手数料が半額

Binanceでの取引手数料を割り引くトークンとして利用できます。

本来の取引手数料が0.1%のところを0.05%で取引できます。

手数料割引は徐々に縮小しています。

・ERC20を規格に開発されたコイン

ERC20はイーサリアム上で使われる規格で現在発行されている多くの通貨の開発に使用されているので安全。

・4半期ごとに回収されていく

4半期ごとにBinanceの利益から20%を買い取りしていくことが決まっています。

これにより手数料割引の縮小を相殺。

スポンサードリンク

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):11.52

価格(2017年12月):2470

上昇倍率:214倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のバイナンスコインの価格とチャートを見ることができます。

⇒バイナンスコイン/円(BNB/JPY) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

Binanceは現在取引量世界一で一時的に新規ユーザ登録停止をするほど、今後ユーザが増えれば増えるほど注目を集め価格が上昇する可能性が高いです。

将来的にBinanceは中央管理者を介さず個人間で仮想通貨取引を行うことができる分散型の取引所としてアップデートされる予定で、BNBは主要な通貨として使用される予定となっています。

4半期ごとに回収されていき最終的には1億BNBになるまで買い戻しを行う予定で、必然的に希少価値が上がるので今後価値が上昇する可能性が高いです

バイナンスコイン(BNB)が買える取引所(購入方法)

⇒バイナンス

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。