仮想通貨Dogecoin(ドージコイン)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

このページでは仮想通貨Dogecoin(ドージコイン)の今後(2018年~)について紹介していきます。

Dogecoin(ドージコイン)は将来性がある通貨なのでしょうか?

仮想通貨Dogecoin(ドージコイン)の解説と今後の将来性

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Dogecoin[DOGE](ドージコイン)

最大供給量=無限

公開=2013年12月

特徴:

・紫犬がモチーフの通貨

・発行上限が無限

・寄付によく使われている

・Doge Marketが存在

特徴・魅力

・紫犬がモチーフの通貨

紫犬がモチーフの愛嬌ある通貨

DogeとはDogをDogeと崩した造語でかぼすちゃんという日本の紫犬がモデルになっていることでも有名。

デザインが可愛く、モナコインなどと同様愛されています。

・発行上限が無限

上限が決められている通貨と比べて希少価値が上がりづらいので、大きな価値変動は起こりにくいです。

その分、価格が安定しているので、決済手段として使いやすいです。

例えば円の価値が毎日20%変動していたらとても使いづらいです。

・寄付によく使われている

価格が他の仮想通貨と比べて低いからこそ少額のチップや寄付に適しています。

さまざまなプロジェクトに対し寄付金として使われています。

ソチオリンピックでジャマイカのボブスレーチームの出場のための寄付使用されました。

・Doge Marketが存在

スポンサードリンク

Doge Marketではドージコインを使って言い値で商品の売買が行われており、日本のジモティーやメルカリのドージコイン版サイトも存在します。

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):0.0227

価格(2017年12月):0.9773

上昇倍率:43倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のドージコインの価格とチャートを見ることができます。

⇒ドージコイン/円(DOGE/JPY) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

価格が安定しているので、決済手段として更に広まっていけば、その注目度から価値があがる可能性があります。

既に寄付によく使われています。という独自のポジションを築いています。

大きなプロジェクトへの寄付にも使われる規模になってきているので、長く生き残っていくには強いです。

どんどん高価になっていくビットコインは決済手段として使いにくくなっています。

逆にDOGEのような安いコインが注目されるようになり、非常に小さい金額のやり取りに便利な通貨として間接的に価値を高めていく可能性があります。

Dogecoin(ドージコイン)が買える取引所(購入方法)

CoinExchange(コインエクスチェンジ)

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。