仮想通貨TRON(トロン)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

このページでは仮想通貨TRON(トロン)の今後(2018年~)について紹介していきます。

TRON(トロン)は将来性がある通貨なのでしょうか?

仮想通貨TRON(トロン)の解説と今後の将来性

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=TRON[TRX](トロン)

最大供給量=1000億枚

公開=2017年8月28日

特徴:

世界中の誰もが無料で楽しめるエンターテインメントシステムの構築を目的に開発されたコンテンツエンターテインメントの発展や支援をするための仮想通貨

・ジハン・ウー氏が投資

・分散型ストレージ

・1000万人以上いるアプリでの採用予定

特徴・魅力

・ジハン・ウー氏が投資

TRON開発チームにビットコインキャッシュを開発したジハン・ウーを招いています。

取引所のバイナンスで行われたICOではたった30秒で完売するほどの人気ぶりだったのです。

・分散型ストレージ

多くのサーバーを繋げて大規模な仮想ストレージを作り仕組みで、災害時やトラブル時にサーバがダウンした時、早急に回復できます。

ストレージ拡張が容易です。

スポンサードリンク

・1000万人以上いるアプリでの採用予定

中国で1000万人会員を持つ音楽ストリーミングサービス、Peiwoにて導入される予定です。

TRONと互換性がある最初のエンターテインメントアプリになります。

ジャスティン・サン氏はこのアプリを提供する会社のCEOも務めています。

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):0.2

価格(2017年12月):6.6

上昇倍率:33倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のトロンの価格とチャートを見ることができます。

⇒トロン/円(TRX/JPY) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

既にビジネスを成功させているジャスティン・サン氏がTOPであり、ビットコインキャッシュのジハン・ウー氏も開発に招いていることから、期待感は大きいです。

会員数1000万人以上のアプリ「Peiwo」での導入が既に決定しています。

コンテンツエンターテインメントの発展・支援を目的としているため、個人の発信が盛んになってきている現代にとてもマッチしている仮想通貨だと考えられています。

TRON(トロン)が買える取引所(購入方法)

⇒「バイナンス」

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。