仮想通貨COMSA(コムサ)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

このページでは仮想通貨COMSA(コムサ)の今後(2018年~)について紹介していきます。

COMSA(コムサ)は将来性がある通貨なのでしょうか?

仮想通貨COMSA(コムサ)の解説と今後の将来性

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=COMSA[CMS](コムサ)

最大供給量=ICOで売られた枚数の2倍(109億円調達)

公開=2017年10月

特徴:

国内取引所のZaifでICOが行われ注目が集まりました。

[通称:ネムサ=CMS:XEM/JPY]と[通称:イムサ=CMS:ETH/JPY]の2つのタイプがあります。

特徴・魅力

最大供給量がICOで売れた枚数の2倍ということで、109億円調達したことから計算すると、2億枚弱の発行数になります。

購入時に通称ネムサ・イムサの2種類から選んで購入。

ネムサ=ネムを基軸にした取引

イムサ=イーサリアムを基軸にした取引

それぞれのチャートの動きは違います。

大阪のテックビューロ株式会社運営するZaifでICOが行われ、日本での知名度も高い通貨。

COMSAの開発もZaifが行っています。

COMSAというのは、ICOに必要なブロックチェーン技術やトークンの発行・販売、取引所Zaifでの上場に関わる諸手続きなど、ICOを最初から最後までサポートするサービス。

1年間の上昇率(2017年度)

COMSA [XEM] 

スポンサードリンク

COMSA [ETH] 

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のCOMSA(コムサ)の価格とチャートを見ることができます。

⇒COMSA [XEM] リアルタイムレート

⇒COMSA [ETH] リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

東証マザーズに上場している、株式会社メタップスがCOMSAでのICOの検証を開始しています。

メタップス時価総額は約400億円のかなり大きな会社ですので、COMSAでのICOが決めれば好材料となります。

それ以外にも続々とICOが計画されていますので、これからの情報からも目がはなせません!

COMSA(コムサ)が買える取引所(購入方法)

[Zaif]

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。