仮想通貨LISK(リスク)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

このページでは仮想通貨LISK(リスク)の今後(2018年~)について紹介していきます。

LISK(リスク)は将来性がある通貨なのでしょうか?

仮想通貨LISK(リスク)の解説と今後の将来性

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Lisk[LSK](リスク)

最大供給量=上限なし(毎年減少)

公開=2016年5月

LISKとは

LISKとは、分散型アプリケーションプラットフォームの名称であり、そのプラットフォームで使用される通貨がLSKです。

LISKはプログラミング言語がJavaScriptのブロックチェーンアプリケーション

さらに、トランザクションに契約を織り込むスマートコントラスト技術を採用していたり、ブロックチェーンの他にサイドチェーンを用いるなど充実した機能を備えています。

特徴:

・開発言語はJavaScript

・サイドチェーン技術を使用

・発行枚数に制限がない

特徴・魅力

・開発言語はJavaScript

ブロックチェーン専用のプルグラムを使うのではなくWeb技術でメジャーなJavaScriptを採用することで、多くの技術者が開発に携わることができるので、開発コミュニティが大きいです。

・サイドチェーン技術を使用

ブロックチェーンは1本の鎖で一方向に情報を残していきますが、サイドチェーンでは、性能や処理速度の向上、さらに過去にさかのぼって修正できるなどの柔軟性があります。

サイドチェーン上で新しいトークンを作成することも可能です。

サイドチェーンとは

メインのブロックチェーンとは別に存在する、サブ的なブロックチェーン。

サイドチェーン上でも、トランザクション処理が可能になることで、スマートコントラスト等の機能を追加することができ、処理速度の向上も見込めます。

スポンサードリンク

また、メインチェーンとサイドチェーンを分けることで、ハッキング時の被害を最小限に抑えることができ、セキュリティ面でも安全性が高い技術と言えます。

・発行枚数に制限がない

通貨の価値を極端に下げてしまうインフレを起こすのでは?という声もあります。

Liskには発行枚数は毎年減少していくというルールが決められているので、特定の人物の意図によって発行枚数をコントロールできるような状態になる可能性も低いです。

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):16.5

価格(2017年12月):2300

上昇倍率:140倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のリスクの価格とチャートを見ることができます。

⇒リスク/円(LSK/JPY) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

技術が認められ、MicrosoftがLiskに14,000BTCもの投資をすることが公表された。

これによって多くの人がLiskに注目が集まりました。

あと、LISKは非中央集権型を目指しています

LISKでは現在は、Lisk Foundationが中心となって開発を進めていますが、マックス・コーデック氏の会見で「あらゆるものが非中央集権型化されて欲しいと願っている」と述べていました。

ビットコインを含むブロックチェーン技術は、非中央集権型という基本概念を持っています。この概念が本当に素晴らしいもので、一番だということはまだ今のところは誰にも分かりませんがLISKが未来の一つを担っていることに変わりはないと思います。

因みにマックス・コーデック氏は日本のファンらしいです。

LISK(リスク)が買える取引所(購入方法)

「ビットフライヤー」
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。