仮想通貨Monacoin(モナコイン)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

このページでは仮想通貨Monacoin(モナコイン)の今後(2018年~)について紹介していきます。

Monacoin(モナコイン)は将来性がある通貨なのでしょうか?

仮想通貨Monacoin(モナコイン)の解説と今後の将来性

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=Monacoin[MONA](モナコイン)

最大供給量=1億512万

公開=2013年12月

特徴:

・2ちゃんねるのキャラクター(モナー)から作られた仮想通貨

・世界ではじめてSegWitを実施した通貨

「SegWitとは、「取引のサイズ圧縮」して送金スピードをアップしようとすること」

・オタク文化との繋がりが強い

・他の仮想通貨とは違う値動きをする傾向がある

特徴・魅力

・2ちゃんねるのキャラクター(モナー)から作られた仮想通貨

2ちゃんねるのキャラクター=モナ‐をモデルにして作られた通貨です。

↑モナーというキャラ

ネタだと思われる人もいるが、ちゃんとした日本初の仮想通貨になっています。

・世界ではじめてSegWitを実施した通貨

世界ではじめてSegWitが実施された仮想通貨です。

SegWitをやることで、

手数料が減少する、価格が上昇することが予測されます。(もちろん無事に成功した場合のみ)

取引の容量が圧縮されるため、それに対するマイニング費用も減少して手数料も安くなると見られております。

つまり、金スピードが上がり、手数料が安くなるということ。

・オタク文化との繋がりが強い

コミュニティのチームワークが非常に強く、モナコインの普及活動も行われています。

秋葉原などのオタク文化がある街では、モナコインの決済サービスの提供も行われており、導入しているお店もあります。

スポンサードリンク

・他の仮想通貨とは違う値動きをする傾向がある

モナコインは他のアルトコインと違う値動きをする傾向があります。

どっちかと言えば、ビットコインと同じ値動きをする傾向があります。

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):2.6

価格(2017年12月):1050

上昇倍率:400倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のモナコインの価格とチャートを見ることができます。

⇒モナコイン/円(MONA/JPY)リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

日本産の仮想通貨なので、日本語の情報やファンも多く、認知度が上がっていく可能性が高いです。

品人は話題によって動きやすい性質があるので、話題が広がれば価格も上がる期待が出来ます。

ビットフライヤーがUSAとEUに進出しましたが、モナコインはまだUSAとEUで上昇すれば、お金が大量に流れ込み上昇の好材料となります。

決定的に好材料や革新的な部分が現状では見られないので、長期的な目線での投資、もしくは別の大手取引所での上場など、明らかな材料が出てきてからの投資でも遅くないと思います。

モナコイン(MONA)が買える取引所(購入方法)

モナコインを安く買いたいのであればZaifがおすすめです!

本人確認が済めばすぐにモナコインを購入することができます。

取引所で口座開設をして、いつでもモナコインを買えるようにしておきましょう。

ビットフライヤーは現在日本で一番安全な取引所です。

長期的且つ安定に仮想通貨を運用したい場合はビットフライヤーがおすすめです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。