仮想通貨NEM(ネム)の今後(2018年~)と将来性を解説!チャート相場と購入方法

このページでは仮想通貨NEM(ネム)の今後(2018年~)について紹介していきます。

NEM(ネム)は将来性がある通貨なのでしょうか?

仮想通貨NEM(ネム)の解説と今後の将来性

通貨の概要

通貨名(通貨単位)=NEM[XEM](ネム)

最大供給量=約90億(全て発行済む)

公開=2015年3月

特徴:「コンセンサスアルゴリズム」「プルーフ・オブ・インポータンス」という技術を採用。これはビットコインやイーサリアムの問題点を解消した技術である。

特徴・魅力

ネムのプルーフ・オブ・インポータンスとは?

ビットコインはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)

マイニングを一番多く行った者が発言権をもつという考え方が、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)となっています。

イーサリアムのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)は最も多くのその仮想通貨を持つものが一番最初に承認をした人となります。

PoWやPoSは、大資本を持っている「スーパーコンピューターを多数所有する者」「コインをより多く所有する者」が、マイニングによってさらにコインを獲得し、富のあるところにさらに富が流れるという、資本の集中化が構造上起きてしまうが、ネムのプルーフ・オブ・インポータンスは「ユーザの重要度」によって報酬が分配される仕組みになっています。

重要度=ネムをたくさん持っているだけでは報酬が得られず、それを取引していないと重要度は高まりません。

スポンサードリンク

同一アカウントで取引をしても重要度に影響を与えないため、他者と取引をすることになり、自然と富の分配が行われます。

ネムの理念は「金銭的な自由」「分散化」「平等」および「連帯感」。

だからこそ、ネムはこういった仕組みになっています。

1年間の上昇率(2017年度)

価格(2017年1月):0.38

価格(2017年12月):110

上昇倍率:289倍

現在のチャート相場(価格)

下記のサイトから現在のネムの価格とチャートを見ることができます。

⇒ネム/円(XEM/JPY) リアルタイムレート

今後(2018年~)と将来性

ネムのプルーフ・オブ・インポータンスという技術はブロックチェーンの問題点を解消できるソリューションとして注目を集めています。

国内取引所のZaifが既にNEMの技術を採用しており、他にも技術を採用する企業が増加すればしてくるほど、ネムの価格は上昇するでしょう!

またネムはリップルと連動してチャートが上昇している傾向にあるため、リップルが上がればネムの価格も上昇する可能性があります。

あとネムはコインチェックで起きた事件「ネム580億円流出事件」で一気に有名になりました。

事件によりネムの価格が一時は大暴落はしましたが、一方でネムという通貨に多くの方に知れ渡ったのも事実です。

これも要因となり、ムは今後大きく上昇する可能性を秘めていると思っていますので、今後もネムの価格には注目ですね!

ネム(NEM/XEM)が買える取引所(購入方法)

ネムを安く買いたいのであればZaifがおすすめです!

本人確認が済めばすぐにネムを購入することができます。

取引所で口座開設をして、いつでもネムを買えるようにしておきましょう。

おすすめの取引所はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。